受験の話

夏を制するものは、受験を制する。


私が受験を本格的に決めたのは、8月末でした。
夏休みは体育祭でいっぱいいっぱいでした。笑
塾には高1から通ってましたけど、家ではもちろんテスト勉強しかしてなかった。
そんな私が大学生になれたのは、
塾の先生もそうですが、高校の先生のおかげです。

うちの高校は倍率も右肩上がりになってきていた、
中間ぐらいの高校でした。
もっと倍率を高くしよう、と大学進学にとても力を入れていたベテラン教師たちが
私たちをサポートしてくれました。

私は高校の時は要領がよかったのか、
・・・正確にいうと学校の偏差値が微妙だったからなのか、
順位的にはよかったです。
2年の時のクラスは、学年ツートップのこと一緒になって
刺激を受けて勉強頑張ってたら、なんか知らんが成績があがりました。笑
(数学と化学がなかったってのが大きいんですけど。笑)
2年~3年まで、通知表の総合成績はいつも10番以内っていう。

急激に成績が伸びたわたし。
人なつっこい性格もあってかなぜか先生にかわいがられたので
受験の時はもーう頼りまくりました。w

塾以外はほとんど学校で一人か友達と勉強し、
たまには学校さぼって図書館とか
授業さぼって学校の図書館で勉強とか
それがばれて怒られたりとか。笑
冬は寒いから職員室で勉強したしね。笑
そこで先生と話したり、お菓子もらったりとか、
比較的、授業以外ではストレスもない受験生活だったと思います。
(授業中はうっさいから。)

英語の先生も、日本史の先生も、国語の先生も。
みんな助けてくれたので
最後まで模試でE判だったけど、なぜかそこに合格してね。
センターも、なぜだか日本史も英語も過去最高点でね。
英語はわたしの時は形体が急に変わって
平均点も低かったのに、なぜか私としてはこっちの方が簡単だったし
リスニングも奇跡を起こしたし。
た だ し
国語はめっちゃ低かったんだよなぁ。。。(^^;

今となっては、もっと早くから頑張っとけばよかったなって
そしたらもっといいとこに入れたのにって思うけど
でも、大学は楽しいし、大好きな友達とも出会えたから
本当によかったなって思います。
推薦でも入れたところに受験で入ったわけだけど、
でもそれでも受験という体験は私にとって大きいです。

1度しかない人生だから、後悔しないようにって
チャレンジした受験。



「現役は最後の最後までのびる。」

これは本当です。
3学期最後の模試でEだった私が受かったんだもん、
マジですよ。笑
やっぱり浪人の方が積み重ねたものが多いから
最初は浪人の方が模試結果は高い。
でも、やっぱり伸び悩むのよ、浪人は。
現役はまわりが受験生だから、刺激も多いし、サポートもたくさんある。
だから最後の最後まで、がんばってほしいなって思います。

・・・なんかよくわかんなくなっちゃったけど。笑

とにかく高校の先生たちには本当に心から感謝してます。
ありがとうございました。
[PR]

by 0888smile | 2009-09-15 16:40 | 今日の言葉たち