ずっとトモダチ。


大学の友達の話。

大学の一番仲いい子が、「卒論全然進んでない!だらけてる!」って
メールしてきた。
それに対して「冷静に考えて、あと2か月で提出だぞ」って返信して
「そうだよね、がんばる」って来てて
それからもメールが来てたんだけども、体調崩してて返信できなかった。

そのあと風邪も治りかけたとき、別の友達から衝撃的なメールが来て
返信に困ってツイッタ―で「なんて言っていいかわかんない」って呟いたら
大学の子から電話が来た。

「あのね、勘違いだったらあれなんだけどね・・・
 あのツイッタ―のって私のこと・・・?」
って半泣きで。笑
彼女曰く、
「卒論できてない私に呆れられたのかと見捨てられたのかと思った―!!」らしい。
まぁ
私:「ごめん、本当ごめん、違う!違うから!w」
って言った今だから「半泣きで。」のあとに笑いをつけられるんだけどw



でも、よくよく考えたらすごい勇気出して電話かけてくれたんだろうな。って。
私が完全に悪いんだけど、「嫌われてるかも」って少しでも思う人に
直接聞くのってこわいもん。
私も過去に一時期、この大学の子に「嫌われてるかも」って不安になった時期が
あったけど、やっぱり聞けなかったもんね。
自分の中で勝手に自己解決しちゃったし。
(思い過ごしだった。)

私が間違ったことした時も怒ってくれた。
多分、彼女の中で私のこと、ちゃんと本当の意味で「友達」だって
思ってくれてるんだろうなって、嬉しくなった。


そしてもう一人。
さっき言った衝撃的なメールをくれた子。
この子は中3来の親友なんだけど、この子も、きっと私を大事に思ってくれてる。
衝撃的な事実、これは私に言ったら嫌われるかもしれない、
でもいわなかったらもっと嫌われると思った事実を
彼女は面と向って話してくれました。

その事実に対して、私が彼女に対する気持ちが変わることはなくて、
自分が思うことをちゃんと最後まで伝えられたし
その思うことが
「その子に嫌われたくない」っていう気持ちの言葉じゃなくて
「本当にその子のためを思って」の言葉で
私はよかったなと思う。
6年間で、私たちはちゃんと「友達」になったんだなって思う。


自分の気持ちを、声に出して言う。
これが苦手だった。
嫌われたくないって思ってたから。好かれようって思ってたから。
でも、大学の一番仲がいい子に出会って、変わったんだ。
その子は、
自分をしっかり持ってて
自分の意見はまっすぐ言う。
好かれようとか、嫌われたくないとか、あまり思ってない。
そこが本当に尊敬できる。
だから私もちゃんと言おうって思うようになった。

周囲のことばっかきにしてたけど、全員に好かれるなんて無理。
私をわかってくれる人が1人でもいたら、いいんだよ。
その人に好かれればいい。
そう思えるようになったのは、大学の友達がいたから。
ありがとう。

まー遅刻魔で、ドタキャンも結構あって、人の好き嫌い激しいけどww
そんなあの子が大好きで大事です。
4年間ずっと仲良しで、私は幸せです!^^
[PR]

by 0888smile | 2011-10-08 00:50 | 今日の言葉たち